ギャラリーニイクに行こう!表参道で気軽にアートを楽しもう

スポンサーリンク



こんにちは!ギャラリーニイクです。

今回は、東京・表参道にあるギャラリーニイクをご紹介して行こうと思います。

ギャラリーというと、どんなイメージがありますか?

私も自分がギャラリーを運営するまで、ギャラリーというものにほとんど入ったことがありませんでした。なんとなく敷居が高いなあとか、中に入ったら、買わないと外にでれないのではないか?とか、全く自分には縁のないところと思われている方も多いと思います。

実際、ギャラリーを運営しながらも、ちょっと風格のあるギャラリーに伺うと、呼吸をするのにもドキドキすることがあります(笑)

でも、アートってそんなに難しいものだっけ?もっと気軽に、もっと楽しく!アートを身近に感じてもらうために、今回はギャラリーニイクをご紹介したいと思います。

ギャラリーニイクってどんなギャラリー?

ギャラリーニイクは2011年に、表参道にオープンしたアートギャラリーです。絵画や版画、イラストレーション、写真、陶器、金工、ガラス工芸、テキスタイルなど様々なジャンルの展覧会を開催しています。

まず、興味を持っていただくのは、ギャラリーニイクの名前ではないでしょうか?

「ギャラリーニイク」??

「Gallery219」??

どちらが正式名称なの?

ギャラリーのことで一番聞かれる質問です。

じゃじゃーん!!

正式名称は「ギャラリーニイク」です。全てカタカナが正しいです。

とはいっても、どちらでも伝わるようになるのが一番嬉しいなぁと思っています。

 

しかし、なぜ「ギャラリーニイク」なのか?

まずは、住所です。

渋谷区神宮前4−19

はい。ここです。

そこから、「に(2)・い(1)・く(9)」となり

「に行く」にひっかけて、

ギャラリーニイクという名前が誕生しました!

パチパチパチ!

 

ちなみに、ここで発表させていただきますが、2月19日がオープン日ではないので悪しからず。

 

ということで、まあ、シャレでギャラリー名を付けるぐらい、気さくなギャラリーであることは感じていただけたのではないでしょうか?

「もう知ってるよ!」と言う方も多い気はしますが(笑)

もっと気軽に!アートを身近に!

アートって誰のものでしょう?

誰のものでもないですよね。

アートを作る人、見る人、手に取る人…全ての人がそれぞれの考え方や見方でアートを楽しんでもらえたら良いなと思っています。

難しい見方をしなくても、目や肌で感じたままに、

あー素敵だなあとか興味があるなあ、もっと触れてみたい。

色々な感想を持っていただけたら良いなと思っています。

 

なので、ギャラリーニイクは老若男女、年齢も性別もこだわらずアートを、人の手で作り上げた作品を見ていただけたら良いなと思っています。

オープンした当時は、まだまだ小さい子を敬遠するギャラリーが多くありましたが、現在はだいぶ優しくなっているようです。

もちろん、ギャラリーニイクはオープン時から、敷居をぐーんと下げています。小さな子を抱えたお母さんも、ゆっくりと作品を楽しんでいますよ。

「初めてギャラリーに入った」と言う方も多くて、なんだか嬉しくなってしまいます。

最後に

今回は、東京・表参道にあるギャラリーニイクのことをご紹介しました。ギャラリーニイクの名前や基本精神がちょこっとだけでも伝わったら良いなと思っています。

表参道で何しよう?と思った時にふっと頭に浮かんだら、ぜひ立ち寄ってくださいね。

それでは今回は以上となります!

最後までご覧いただきありがとうございました。また、次回のギャラリーニイクのさんぽにいくでお会いしましょう!

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です